宮城県亘理町
静岡県磐田市
宮崎県日南市
ブランディング連携推進協議会

3市町連携による地方から創る新しい農業のカタチ

ブランディング連携推進協議会は、日本の北・中央・南にある農産地が、地方創生の理念の下、連携して「新しい農業のカタチ」に取り組んでいます。宮城県亘理町、静岡県磐田市、宮崎県日南市の3市町は付加価値の高い農作物の生産を行っており、各地域の特徴や強みを生かし、3市町が連携を図ることで、産地のブランド力強化や、首都圏や都市部での新規就農希望者などへの知名度アップ、農業教育支援等の連携といった取り組みを行います。

宮城県亘理町

復興×ブランド

ブランディング連携推進協議会

復興からのブランドづくり

東北一のいちご産地の復興!いちご団地
宮城県の南部に位置する亘理町は、「東北一のいちご生産地」として知られていましたが、東日本大震災の津波によって、いちご農地の90%以上が浸水、深刻な塩害をもたらすなど壊滅的な被害を受けました。それでも平成25年9月、東北最大級となる「亘理町いちご団地」を完成させ、高設ベンチ栽培方式による新たないちご産地の復興に取り組んでいます。

静岡県磐田市

共創×アグリビジネス

ブランディング連携推進協議会

新たな農業への挑戦

磐田から世界へ!共創によるアグリビジネス
静岡県の西部に位置する磐田市は、立地、気候に恵まれた日本有数の農産物の生産地です。農業を中核として複数のプレイヤーが一体となる共創型の磐田スマートアグリカルチャー事業に取り組み、食・農全体のバリューチェーン(種苗~生産~加工・出荷~販売など)を俯瞰した新たなビジネスモデルの共創を図っており「産業化された農業」を目指しています。

宮崎県日南市

技のIT化×人づくり

ブランディング連携推進協議会

技術IT化による人づくり

マンゴーの技を見える化!先端IT支援
宮崎県の南東部に位置する日南市は、年間を通して温暖な気候に恵まれ、マンゴーの産地としても有名。高級マンゴーである「太陽のタマゴ」の収穫量を上げるため、「先端計測とAIシステムを活用した営農支援事業」に取り組み、ベテラン農家の勘や経験に頼ってきた「技」をデータ化、収益増や新たに農家になる人でも栽培可能な研究を進めています。
地方へ就農・移住を考えてみませんか?

移住・新規就農をきっかけに、ライフワークを見直し、自分らしい豊かな生き方を見つけませんか?